SteemBasicIncome 送金時マニュアル

This is the Japanese translation of the new "Transaction Memo Guidelines" released by @steembasicincome.
これは先日@steembasicincomeによってリリースされた「Transaction Memo Guidelines」の日本語訳です。

Steem Basic Income

Steem Basic Incomeとは、より多くのスティーミアンに対してベーシックインカム(定期的な収入)をもたらすための社会的実験取り組みである。Steem Basic Incomeはメンバーの作成したコンテンツに対して定期的にアップボートを提供することでベーシックインカムを実現します。メンバーは他者をスポンサーする/されることで本プログラムに参加することができます。

image.png

送金時メモガイドライン

元々最初の送金時メモガイドラインをリリースしたとき、botはテストデータベースを構築していましたが最終化はできていませんでした。時が経つにつれ、我々のしたかったことの一部は実際には実現できそうにないことがわかってくるようになりプログラミングをより簡潔にすることができました。そして、ガイドラインを更新して混乱やエラーを減らせる時期がきたというわけです。

すべきこと

  • メモをアカウント名に入力するとき、@を含めるかどうかは任意です。@がなくても問題ありません。
  • メモにまとめてアカウント名をリストとして記載するとき、アカウント名の間にコンマ(,)を入れても入れなくても問題ありません。
  • STEEM送金時には、送金額とアカウント数のバランスが合うように(割り切れるように)してください。(例:2アカウントに対して2STEEM送金、3アカウントに対して6STEEM送金、3アカウントに対して9STEEM送金、など)
  • 複数のアカウントに対して、割り切れない額をスポンサーしたい場合は別々の送金で対応してください。

image.png
上記はいずれも完璧な送金例です。複数の「@アカウント名」に対してコンマで区切られ、割り切れる額を送金する。もしくは別々の送金で1STEEMずつ送金するなどいずれも全く問題ありません。これらの例に倣って送金するようにしましょう。

image.png
この例も問題ありません。5 STEEM送金されることで、スポンサーする側とされる側のそれぞれに5シェア割り当てられます。

すべきではないこと

アカウント名以外のいかなる文字列はメモに記載しないようにしてください。特に、スポンサーするアカウントではない名前を含めないようにしてください。

ご自身のアカウントをスポンサーしないようにしてください。(自己スポンサーは全く認識されません。スポンサーとして1 STEEMの送金毎に1シェアが付与されますが、スポンサードユニットはその他の誰かに割り当てられます。)

参考情報

もしあなたが多数のアカウントについてマニュアルでリストを作成して送金するのであれば、一度の送金に対して10アカウントまでにするなど細かく送金するようにしたほうがいいでしょう。一つでも間違えがあるとその送金は無効になり、その送金自体をマニュアルで確認する必要が出てきます。あまりに多数の名前があると、この作業はまさに飽き飽きするものであり、あなたとあなたがスポンサーするメンバーに対しての手続きが遅延いたします。

もし送金時のメモを自動的に作成するプログラムなどを使っているのであれば長いリストも大丈夫でしょう。以前75名のアカウントに対して75 STEEMを一度に送金されたことがありますが、全てのアカウント名が正しく記載されておりそのトランザクションは我々のシステム上問題なく処理されました。

整数以外は利用しないでください。送金された額は小数点以下は切り捨てられ、それに対しての返金などはございません。例え1.999 STEEMを送金されてもそれは1 STEEMとして扱われ、あなたとあなたがスポンサーするアカウントはそれぞれ1シェアしか付与されません。

サードパーティー(第三者)によるスポンサー

私たちは特別なスポンサー送金にも対応しています。たくさんの方が、開催するコンテストのために別のアカウントをスポンサーとして設定し、そのスポンサーとスポンサードにシェアを付与できないかと聞いてきました。これは「@スポンサーとして設定するアカウント:@スポンサーされるアカウント」をメモに記載することで機能します。
例として、@josephsavageが送金時にメモ欄に「@katysavage : @babysavage」と入力するとします。そうするとこのトランザクションは@josephsavageが送金しているにもかかわらず@katysavage@babysavageにスポンサーしているとみなして処理されることになります。一部のメンバーが日常的にこの機能を利用していますが、全く問題がなく利用できています。

その他に@blocktradesやそのほかの取引所からの送金でもこの機能を利用することが可能です。取引所から@steembasicincomeに対して入金するときにメモ欄の記載にこの機能を利用してもスポンサーシェアを獲得することが可能です。あるいはあなた自身のアカウント名を利用する必要がないため匿名で誰かをスポンサーすることも可能です。

正式通貨はSTEEMとなります。SBDを利用されて我々がそれを受け入れたとしても、端数などは返金されませんし他に特別メリットなどはございません。

登録については144分毎に自動的に処理されています。初期登録時の確認通知は引き続きマニュアル対応となっており、通常2-3日以内に送られています。仮に初回通知が届いていなかったとしても、ご自身で「!sbi status」コマンドをコメント欄や投稿に入れることによってご自身の現在のステータスを確認することができます。

質問がある場合

FAQを参照してください。ほとんどの疑問についてはこのFAQで確認いただくことができますし、FAQ内で言及されているその他ソースで確認いただくことができます。
それでも疑問点がある場合、コメント欄に書き込んでいただくかディスコードに参加してください聞いてみてください。
あなた自身の登録状況を細かく確認したい場合、新しいmember lookup toolを確認してみてください。



Global Block Builders

「Steem Creators Conference」は「Global Block Builders」となりました。今回も招待され、これまでを含めて三度も皆様の前に出れることをうれしく思います。4月10日~13日までアメリカのテキサス州オースティン市で開催されますのでぜひ一緒に参加しましょう。

image.png

H2
H3
H4
3 columns
2 columns
1 column
5 Comments